嵐大好き、ニノ大好き!なオバさん(笑)のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう先週になりますが、レディースデイに『十三人の刺客』を見てきました。
『大奥』とは180度違ったアクション満載な時代劇で、私のような殺陣好きにはたまらない1本でした。
殺陣シーンはどれもよかったのですが、松方さんの刀を振るスピードが・・・早っ。
実は私の好きな俳優さんがそんな松方さんに殺陣を認められている人なので、なんだかうれしくなっちゃう。

まあ、出血大サービスなきらいはありましたが(笑)。
流血シーン苦手な人にはおすすめできないかな。

単なる時代劇というよりアクション映画といったほうがいいかも?
爆破シーンもあったりして『ダイ・ハード』とかそっちのほうが近いかも~なんて思ってしまいました。
監督が『ヤッターマン』も監督した三池さんなのですが、作品全体のちょっといぶし銀っぽいイメージとか『ヤッターマン』と重なる部分があったかも。
それに血の赤がバ~ッと混ざるんですが、鮮やかな朱ではないのよね。

SMAPの吾郎ちゃんが極悪非道なお殿様を見事に演じ切っていました。
フリ家のニノも工事現場でかなり泥だらけになってましたが、吾郎ちゃんはそれ上回ってたわ!
今期のドラマでも上戸彩ちゃんのしょうもないお兄さん役を演じてるけれど、主役を張ることが多いジャニタレの中にあって、けっこう脇役でがんばってる吾郎ちゃんって貴重かも。

斉韶、ホントにここまでやるか!っていうほど残酷でしたが、本来武士と泰平の世って相反するものですものね、武士の存在意義という意味では殿様間違ってないかも。
『人』としてはありえないけど。
いくら主君の言うことは絶対、といえど、『武士である前に人間ですよ』と下の者に言ってほしくなったわ(すぐ切り殺されそうだけどね~・苦笑)。

他では伊勢谷さんのキャラが秀逸でした。
彼は武士ではなく、山の人間なんですけど、その人間離れした身体能力とか精力絶倫ぶり(爆)とか、劇場でも彼のシーンで笑い声があがっていました。

私が一番好きだったのは山田孝之くん演じる武士が斉韶暗殺に出発する際に妻に「いつ帰ってくるの?」と聞かれて答えたセリフです。
ここではネタばれしませんが。




映画といえば嵐の番組でおすすめ映画としてあげられていた『小さな村の小さなダンサー』。
見たいと思いつつ、あまり上映してるところがなくて、もう見れないかと思っていたのですが、11月にMM横浜で上映するようなので、見に行こうと思ってます。
でも、ストーリー的には昔見た炭鉱町(だったと思う)の少年がバレエダンサーになる話と似てそうだなあ。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2010/10/21 11:47】 | 映画
トラックバック(0) |

見てきました
ゆきぼん
KOKKOさん、こんばんは

遅まきながら、十三人の刺客見てきました。
検診帰りで、朝一番だったのでお客は5・6人。。
のっけから切腹シーンなの?!(><)って凝視はできませんでしたが
お客さんの気配も少ないから余計に背中にゾクッときちゃいました(笑)

血を見るのは苦手ですけど、でも時代劇は好きなので
いよいよ対峙というシーンは血が騒ぎましたよ~

伊勢谷さんも山田くんも、どの役者さんもいい味出していたけど
吾郎ちゃん!今月9でも見てるんですけど、比じゃないくらいはまりましたね。
役どころは非情としか言いようがなかったけど
武士云々のところはKOKKOさんの言うように
間違ってはいない、と確かに思います。
にしても、人としてのあり方は全否定したくなるような
役でしたけどね。

小さな村の・・・はもうご覧になれましたか?
リトルダンサーを彷彿させるところありますね。

ゆきぼんさんへ
KOKKO
ゆきぼんさん、いらっしゃいませ♪
お返事遅くなってすみません。

十三人の刺客、流血シーンは苦手でも楽しまれたようでよかったです^^。
吾郎ちゃん、映画でもドラマでも脇役で光ってますよね。
ジャニーズで主役を張る人は多いけれど、脇役で存在感があるのってすごいと思います。
吾郎ちゃんにはこの路線で進んでほしいな~。

小さな村の~は結局見れていなくって。
横浜の109シネマズでは明日の夕方からの回で上映終了のようなので、今回は残念ながら見れそうもないです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
見てきました
KOKKOさん、こんばんは

遅まきながら、十三人の刺客見てきました。
検診帰りで、朝一番だったのでお客は5・6人。。
のっけから切腹シーンなの?!(><)って凝視はできませんでしたが
お客さんの気配も少ないから余計に背中にゾクッときちゃいました(笑)

血を見るのは苦手ですけど、でも時代劇は好きなので
いよいよ対峙というシーンは血が騒ぎましたよ~

伊勢谷さんも山田くんも、どの役者さんもいい味出していたけど
吾郎ちゃん!今月9でも見てるんですけど、比じゃないくらいはまりましたね。
役どころは非情としか言いようがなかったけど
武士云々のところはKOKKOさんの言うように
間違ってはいない、と確かに思います。
にしても、人としてのあり方は全否定したくなるような
役でしたけどね。

小さな村の・・・はもうご覧になれましたか?
リトルダンサーを彷彿させるところありますね。
2010/11/26(Fri) 16:33 | URL  | ゆきぼん #-[ 編集]
ゆきぼんさんへ
ゆきぼんさん、いらっしゃいませ♪
お返事遅くなってすみません。

十三人の刺客、流血シーンは苦手でも楽しまれたようでよかったです^^。
吾郎ちゃん、映画でもドラマでも脇役で光ってますよね。
ジャニーズで主役を張る人は多いけれど、脇役で存在感があるのってすごいと思います。
吾郎ちゃんにはこの路線で進んでほしいな~。

小さな村の~は結局見れていなくって。
横浜の109シネマズでは明日の夕方からの回で上映終了のようなので、今回は残念ながら見れそうもないです。
2010/11/29(Mon) 14:42 | URL  | KOKKO #2y8EjLqo[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。