嵐大好き、ニノ大好き!なオバさん(笑)のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝(4日)、ダンナが新年明けての初出勤(とはいっても、前日休出してましたが)だったのに、携帯のバイブのめざましで一旦目をさましたものの、また眠ってしまってダンナを見送らなかったダメ妻です(爆


元旦以降のアラシゴトと言えばVS嵐SP。

う・・・ん、ゲストさんが苦手・・・と書いてる方多々お見受けしましたが、私もちょい苦手(苦笑)。
なんだかゲームに勝つための方策をやけに自信ありげに説明するのが・・・(汗)。

嵐さんが決勝に残らなかったのは残念だったけど、かなりハンデあったものね。
でも、それを負けた言い訳にしない嵐さんが潔いわっ♪

一番よかったのは大宮のクリフクライムかな~。
それにしてもあのお二人さんの袴姿、かっこいいというよりかわいくて、相変わらずちまっとしてて、七五三に近い気がしてしまふ・・・(苦笑)。

翔くんがデュアルカーリング2戦も戦うことになるとは!
ここぞというときのじゃんけん運の強さ(弱さ?)健在ですなあ(笑)。



あとアラシゴトとしては・・・

やっとWSで紅白終了後の嵐さんコメントを見れました^^。
カウコン同様、皆さん大役を果たしたやり切った感&開放感でえらくエンション高かったですね!
でも、今年は嵐の紅白関連のWSって少ないかも。

紅白の編集もしなければならないのですが、4時間×3の容量の番組を圧縮するときは再生しながらじゃないと編集できないので、いまだ手付かず(汗)。


3日にテレ朝で放送していたさまぁソン!で本仮屋ユイカちゃんがもう一度聴きたい名曲ライブで嵐の『A・RA・SHI』を挙げてくれてて、Mステでの映像?が見れました。



その他、見て面白かったジャニゴト番組感想を続きから。



NHKで2日の深夜に放送していた『新春TV放談2011』。

ドラマ・ドキュメンタリー・バラエティなどジャンルは問わず、他局の話もOK。「テレビの今とこれから」についてしゃべり倒すトークバラエティー・・・だったのですが、2010年面白かったバラエティ部門で嵐のレギュラー番組がTOP10の中に3つともランクインしていました。

3つの中で一番上位だったのが『ひみつの嵐ちゃん』だったんだけど、これを選んだ方のコメント(確か60代の男性でした)が嵐の仲の良さがにじみ出ていて安心して見れる・・・みたいな意見で(うろ覚えです、すみません)。
この部分はちょうど娘も一緒に見てたんだけど、へえ、嵐ちゃんが?と2人して思ったのよね。

嵐ファンの間では、あの番組は嵐の精神を削る番組(苦笑)として捉えられてる・・・と認識しているんですが、一般視聴者だとあれが面白いのか・・・と。
ファン目線と一般視聴者目線はやっぱり違うんだな・・・と。

嵐が好まれる理由のキーワードとしては、やっぱり『仲の良さ』で、今の時代が殺伐としてるから、反対にほんわか癒しムードが求められているんじゃないか、との意見が出てました。
反対にそのうち、違うタイプの人同士のピリピリする緊張感のある番組が好まれるようになるかも・・・な意見も出てました。

個人的には、鈴木おさむさんがKAT-TUNに注目してて、あと2,3年したら化けるかも・・・なコメントをしていたのが興味深かったです。
そのうち、スマスマみたいにおさむさんがカツン主体のバラエティを手がけてくれたらうれしいかも。
深夜にやってたカツカツ、宿題くんのゆるさとは違った面白さがありましたもの。
チャラくて、ちょっと恐い(←東西Jr.歌合戦より・笑)印象しか持ってない人にもっとカツンの良さも知ってほしいなあ。


中居くんと城島くん、坂本くん3人リーダーのかけ算(←こんなタイトルかいっ!)。
これも面白かった。

特に、城島くんが普段中居くんが見せない素の部分・・・というか、影で努力している部分の暴露話をしてくれたのが面白かったな。

中居くんの逆身長詐称疑惑!
170センチあるのに猫背にして165センチだって詐称してたって。
高く申請することは多々ありそうだけど、低く言うのってめずらしいですねえ(笑)。

そして、3人とも他のGのリーダー像と重なるのはイヤ!みたいなことも言ってたかな。
大ちゃんの名前もちょこっとあがってました。



関ジャニのHOW TO 番組(←またまたいい加減・爆)。
これ、まだ全部は見れていないのですが、かなり面白かったです。

とくに、100メートル自由形で世界新を出す!のコーナーが抱腹もの。
かなりおなかがよじれます。



まずい、2時過ぎた!
また明日、ダンナを夢の中で見送る羽目にならないようにしなくちゃ(苦笑)。

おやすみなさいです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲



NHKで2日の深夜に放送していた『新春TV放談2011』。

ドラマ・ドキュメンタリー・バラエティなどジャンルは問わず、他局の話もOK。「テレビの今とこれから」についてしゃべり倒すトークバラエティー・・・だったのですが、2010年面白かったバラエティ部門で嵐のレギュラー番組がTOP10の中に3つともランクインしていました。

3つの中で一番上位だったのが『ひみつの嵐ちゃん』だったんだけど、これを選んだ方のコメント(確か60代の男性でした)が嵐の仲の良さがにじみ出ていて安心して見れる・・・みたいな意見で(うろ覚えです、すみません)。
この部分はちょうど娘も一緒に見てたんだけど、へえ、嵐ちゃんが?と2人して思ったのよね。

嵐ファンの間では、あの番組は嵐の精神を削る番組(苦笑)として捉えられてる・・・と認識しているんですが、一般視聴者だとあれが面白いのか・・・と。
ファン目線と一般視聴者目線はやっぱり違うんだな・・・と。

嵐が好まれる理由のキーワードとしては、やっぱり『仲の良さ』で、今の時代が殺伐としてるから、反対にほんわか癒しムードが求められているんじゃないか、との意見が出てました。
反対にそのうち、違うタイプの人同士のピリピリする緊張感のある番組が好まれるようになるかも・・・な意見も出てました。

個人的には、鈴木おさむさんがKAT-TUNに注目してて、あと2,3年したら化けるかも・・・なコメントをしていたのが興味深かったです。
そのうち、スマスマみたいにおさむさんがカツン主体のバラエティを手がけてくれたらうれしいかも。
深夜にやってたカツカツ、宿題くんのゆるさとは違った面白さがありましたもの。
チャラくて、ちょっと恐い(←東西Jr.歌合戦より・笑)印象しか持ってない人にもっとカツンの良さも知ってほしいなあ。


中居くんと城島くん、坂本くん3人リーダーのかけ算(←こんなタイトルかいっ!)。
これも面白かった。

特に、城島くんが普段中居くんが見せない素の部分・・・というか、影で努力している部分の暴露話をしてくれたのが面白かったな。

中居くんの逆身長詐称疑惑!
170センチあるのに猫背にして165センチだって詐称してたって。
高く申請することは多々ありそうだけど、低く言うのってめずらしいですねえ(笑)。

そして、3人とも他のGのリーダー像と重なるのはイヤ!みたいなことも言ってたかな。
大ちゃんの名前もちょこっとあがってました。



関ジャニのHOW TO 番組(←またまたいい加減・爆)。
これ、まだ全部は見れていないのですが、かなり面白かったです。

とくに、100メートル自由形で世界新を出す!のコーナーが抱腹もの。
かなりおなかがよじれます。



まずい、2時過ぎた!
また明日、ダンナを夢の中で見送る羽目にならないようにしなくちゃ(苦笑)。

おやすみなさいです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

【2011/01/05 02:12】 | テレビ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。